50代 女性(既婚)

相談内容
夜、音がしてうるさい。太鼓の音?また、他の日には朝3時頃、玄関のカギを開ける音、玄関を開ける音、鈴の音の3つの音が聞こえたが誰が入ってくるわけでもなくまた眠ってしまった。気持ち悪い現象なのでそれが何だったのかを知りたくて来室。
対処
今の土地の元の持ち主の先祖霊がそこから出て行っていないため自分たちの土地である事を主張している。先祖霊を供養し、自分たちの今の住処へと帰ってもらうようにご祈祷した。それ以来、音がしなくなったという事だ。

40代 男性(既婚)

相談内容
中古のネックレスと時計だが、なにか変なモノが憑いていないかどうか視て欲しい。これを持ち始めてから自分が崖から落ちそうになったり、車に引かれそうになる夢を見るようになったので。
対処
明らかに前の持ち主の念が入っている。気に入っていたものらしく手放すのに抵抗があったようで、やむなく手放したという無念の気持ちが入っている。会社倒産で一家離散というようなモノが視える。1週間ほど預かって魂抜きと浄化、パワー入れを行った。それ以後は変な感じはしなくなったとの事。中古品は気を付けて購入しましょう。

20代 女性(独身)

相談内容
両親が地区10年程の中古住宅を購入したが、ラップ音がひどく悩まされている。鏡にテレビが映る状態で置かれているが、とても嫌な感じがする。夜中、廊下をすり足で歩くような音も聞こえる。怖くて眠れない。
対処
元の持ち主の先祖霊がまだそこから出て行っていない。前の先祖に自分たちの行き場所を示してあげる。日時を決めて遠隔にて祭祀を行った。その後、音はしなくなり嫌な感じもしないという事だ。

20代 女性(独身)

相談内容
以前供養をしてもらったが、最近またラップ音が聞こえる。どういうことか?
対処
近くにお寺とお墓がないかと質問したら、あるという事なので、以前は霊道が外れていたようだが、どういう訳か霊道が家の隅の方を通ってしまっていると視えた。改装をしたのかと聞くと、一階に洗濯物を干すときに便利だとベランダを付けたと言う。このベランダがちょうど霊道を妨げてしまったので家の中へ入りこんでしまったと思われる。こちらにて祭祀をし、霊道を変えた。その後は音はしなくなった。

40代 女性(既婚)電話相談

相談内容
息子が霊感が強いように感じる。すぐ疲れるというので遠出も出来ない。息子の名前のせいで霊が憑きやすいのか?
対処
息子さんの名前は明らかに霊障を呼ぶ名前。それを防ぐ方法として結界を張り霊の影響を受けないようにする。前世での使命を達成しないまま今世に生まれたのでこれから大人になるにつれ、霊の影響は受けると思われる。出来たら神仏を勧請し身を守る術を身に着けた方がよいとアドバイス。

20代 女性(独身)

相談内容
子供のころの事・・・目覚めるとおじいさんや男の人が枕元に立っていた。最近は龍の夢を見たり、雲の上にいる夢や巫女になった夢をみたりする。こういう不思議な夢は自分にとってどういう意味があるのか?また、自分は霊能者になれるのか?
対処
あなたの事を霊視すると、現世においての使命もあるようだが、今後出会う男性や夫となる人との関りで左右されるようだ。その道に携わっていくことは余程の覚悟と修行が必要との事。これから恋愛もたくさんして、家庭も持ったうえで考えてもいいでしょうし、もしこの世で霊能者としての使命を持っているのなら、もっと大変な人生が待ち受けていると覚悟していよう。

30代 女性(既婚)

相談内容
おととし家を建てて引っ越した。家の中で不思議な事が起こる。足音、台所のマグカップが倒れる、台所で何かの音がする、物が動く、物が落ちるなど、触れてもいない物が動いたり倒れたり音がしたりととても不気味。この家は呪われているのか?
対処
土地の元の持ち主の先祖霊がまだ残っているので自分たちがいる事を知らしめている。元の先祖の霊に対してこの土地を自分たちが買った事、これからは自分たちがここに住む事を認識してもらわなければならない。そのための祭祀が必要。後日、祭祀を行ったら音や現象は起きなくなったとの事。

70代 女性(独身)

相談内容
一昨日寝ていたら火災ベルが鳴ったように聞こえたが目が覚めると何事もない。昨日明け方お経が聞こえたように感じ目が覚めたが起きると聞こえない。今日も明け方お経が聞こえ、起きると仏壇の香炉からお線香が無いのに煙が立っているのが見えた。これらはどういう事を暗示しているのか?
対処
これは仏壇のご本尊様からの信号のようだ。何か言われているようなので霊視。すると娘が危ないので病院に連れて行くようにと言われているが、娘さんは持病などを持っているのかと聞くと、いたって元気だと思うと言うが、すぐに連絡をしてもらい体の具合を聞く。すると最近なんとなく調子が悪と言うので病院に行くようお母さんから促してもらった。結果、緊急手術が行われ一命を救われた。

ご相談・対処事例 一覧

PAGE TOP